1. TOPページ
  2. 東信州【農の匠】を訪ねて<
  3. 松本果樹園<

農の匠を訪ねて|VOL.12

【松本果樹園】

農の匠VOL.12|松本果樹園

御牧ヶ原の風景に包まれて癒やしのりんごが育っていく

私達が作っています|松本果樹園 松本 照雄 さん

浅間山、北アルプス、美ヶ原、八ヶ岳……信州を代表する山並みを360度の大パノラマで望むことのできる御牧ヶ原の大地に、「松本果樹園」は広がっています。栽培しているのは信州りんご。信州りんごには秋映、シナノスイート、シナノゴールド、ふじなど、収穫期の異なる人気品種がたくさんありますが、松本果樹園では先代より「サンふじ」一本。「甘さ、酸味、食感など、すべてのバランスが最高」と、オーナーの松本照雄さんが絶賛する品種です。贈答用に丹精込めて育て上げる極上のふじの収穫期は10月下旬~11月。絵のように美しい実りの風景が晩秋の御牧ヶ原を彩るのです。

シャキッとした歯ごたえ、実のしまりをご体感あれ!

しっかりとした歯ごたえ、それでいてジューシー。とろけそうな蜜の甘さ

「りんごって、こんな歯ごたえなんだね!!」松本照雄さんが完熟まで育てあげたふじりんごを初めて食べる人のほとんどが、目を丸くし、そして満面の笑みとともに、こんな感想を口にします。予想していなかったしっかりとした歯ごたえ、それでいてジューシー。とろけそうな蜜の甘さに反し、シャキシャキとした食べ応えが、感動を誘うのです。

甘さと酸味のバランスが絶妙な味わいと、独特のしまりのよい果実

りんご産地の味を知る信州の人にとっては、りんごがシャキシャキしているのは当たり前。けれど、松本さんのりんごは、そのシャキシャキ感に加え、実がよくしまり、なんともいえない歯ごたえを醸し出し、全国のお客様はもちろん、信州のりんご好きにも好評を博しています。寒暖の差が大きく、晴天率が高く、しかも標高780mの準高原という自然環境が、甘さと酸味のバランスが絶妙な味わいと、この独特のしまりのよい果実を生み出す決め手のようです。

絵画のように美しい「松本果樹園」

信州の主立った山並みをぐるっと見わたすことのできる絶景の地に広がる「松本果樹園」。その自然のなかで、大地にしっかりと根を張り、樹勢が強いという、りんごの木本来の特徴を存分に発揮して成長した木から収穫される実であることも、無関係ではないのかもしれません。絵画のように美しい「松本果樹園」の実りの風景を思い描きながら味わえば、おいしさもひとしおでしょう。

「剪定(せんてい)」は、りんご栽培家の腕の見せどころ

りんごの木は、どんどん枝を伸ばします。余分な枝を払い、翌年の実がつきやすいように樹形を整え、高さもいたずらに伸びすぎないよう調整する「剪定(せんてい)」は、りんご栽培家の腕の見せどころ。先代の熟練の技を見習い、技術向上に真摯に取り組む松本さんですが、この剪定の時期は冬。雪は少ないものの、厳しい寒気と山風にしんと冷え込む畑での剪定作業は、楽なものではありません。
「ネットの向こうで待っていてくださる全国のお客様の喜ぶ顔を思い浮かべ、来年の実つきを想定しながら剪定にいそしむんです」と、笑顔を見せるまつもとさん。その思いも、木の元気とおいしさをはぐくんでいるに違いありません。

ここが【匠】のポイント

開墾の地で培われた技術とロマンを次代へ

牧舎みねむら 峯村誠太郎さん

「松本果樹園」が広がる御牧ヶ原は、奈良、平安の昔、朝廷に献上する馬を飼育していた牧草地だった場所。雄大な自然のなかに広がる広大な丘陵地ですが、牧場としての役割を終えた後、近代まで荒れた原野となっていました。江戸晩期から開墾地として注目されるようになりましたが、豊かな農地となるのは、先人達の苦労によってため池や用水などが整備された近代になってからのことです。

松本さんの広大な果樹園は、先代、つまりお父様が昭和20年代に入植、開墾してつくったもの。昭和30年代から、当時の主力品種だった國光、紅玉の栽培でりんご農家としてのスタートを切り、時代に合わせて新たな品種を取り入れながら発展してきました。松本さんは農機具部品のメーカーを退職してから、本格的にりんご栽培に従事。この美しい環境を生かして先代の技を引き継ぎつつ、味と品質の向上に努めています。

農業経営が厳しいといわれる時代のなかで、インターネットとの出会いは、松本さんに新たな可能性と挑戦の意欲をもたらしました。
「会社勤めと違い、農業は孤独な作業の繰り返し。しかも自分の自由にはならない厳しい自然と向き合いながらの日々です。でも、インターネットを通じて、この農園を、そして私という人間を見守り応援してくださる人がいることが実感できるのです」
「今年のりんごはどう?」「台風のニュースを見たけど、大丈夫でしたか?」そんなメッセージやメールに励まされることもしばしばだといいます。

「お客様のご期待に応えてこその農園。今年もおいしいりんごをお届けしますよ!」
最近、農園に住み着いた猫のトラノスケを農作業の相棒に、松本さんは美しい農園の管理に余念がありません。

農家直売どっとこむで匠の農産物を【直売】しています!

ページ先頭に戻る